池袋のライトな風俗

SかMかと聞かれれば、自他共に認めるS気味の男で、風俗の利用もS心が満足できるプレイができるところを利用することが多いんです。
そんな私が、Mの人が行く割合が多いと言われる「オナクラ」というところに行きました。
ちょっとマニアなプレイがしたいならマニアライフかな…

池袋にはオナクラがいくつもあるんですが、私が行ったのは池袋北口にあるオナクラです。
なぜオナクラがM向けだといわれるかというと、基本的に受け身であることが挙げられます。
無料の範囲で楽しむなら、自分のオナニーを女の子に見てもらうことに興奮し、自分で果てるというものですから女の子の負担が軽く、料金も安いので見られることが好きな人にはうってつけの風俗です。
また、その店は無料の範囲で踏みつけてもらえたり、ビンタしてもらえるというものもあり、無料の内容からしてM向けの風俗といっても過言ではないでしょう。

S気味の私にとっては見られることというのに興奮することはないですし、踏みつけられたりビンタしてもらうということにも興味がないわけです。
それでも行ってみたというのは、「オプション」の存在です。
オプションには「手コキ」もあり、「ボディタッチ」もあります。
さらに「コスプレ」、「キス」まであるのです。
特に匂いフェチな私は「女の子の匂いを嗅いでいい」というオプションが用意されていることに喜び、それらのオプションが可能な自分好みの子とプレイをしました。

女の子に話を聞くとやはり多くの客がMの人で、攻められることに快楽を感じる人だということで、私のオプションの選び方をして攻める側に回るのは珍しいとのことでした。

個人的に好きな制服を着てもらい、女の子の匂いを嗅ぎつつ、女の子の体を触りつつ、キスをしつつ、手コキをしてもらいました。
女の子も多少感じてくれたみたいですし、オプション以上かなというサービスまでしてくれた上に、料金の総額も他の風俗より安かったので、個人的にはとても満足できる風俗で、また池袋に行ったら楽しみたいと思っています。